全体 名作 映画に感動する! 映画特集

「死にたい」と思ったときに、元気なるための映画

更新日:

どんな時に人は「死にたい」と思うのだろう

ベルリン・天使の詩

死とはなに?

自分が「生きる」ことへの執着心が低いせいか、よく「死ぬ」ことを考えます。
考え始めると、こんな怖いことはなくて、死ぬことが怖くなります。

死の定義が難しいのですが、決して脳死がどうのとかと言う医学的なお話ではありません。
どちらかと言うと宗教観に近い輪廻転生のようなものでしょうか?
人は死んだら、輪廻転生するのか?それとも天国(や地獄)に行くのか?人が絶望しないためには、輪廻転生や天国に行けることを考えることは、その苦痛の大きさからは当然かもしれません。

80歳になる母親は「死にたくない」と言います、長生きしたいと。
歳を取ると覚悟ができるのかな?と思ったりするのですが、どうやらそうでもないようです。
母は会う度に「自然に死にたい、癌になっても告知をして欲しくない」と言っています。
自分はどうなんだろう~とそんな時にふと思います。

もし人間が不死だったら?
それは願望であり、だから吸血鬼のような不老不死の怪物を想像してみたり、クローン人間を想像?創造?してみたりするのだと思う。
でもそれって、A.I.化されたアンドロイドとなにが違うんだろう~と。
このあたりは、スティーヴン・スピルバーグ監督の『A.I.』は一つの回答で、人間が不老不死になることはないし、人の生きがいは、限りある人生だからとも言える

確実なことは、今の段階では肉体が滅びることが死なのは間違いないということです。

映画『永遠の僕たち』 RESTLESS

ガス・ヴァン・サント監督の『永遠の僕たち』は、主人公が自らの臨死体験から霊が見えるようになり、死にとらわれるようになり、見ず知らずの故人の葬式に参列することを繰り返す少年。
ある葬式で余命3ヶ月の少女と出会うことで、少年は死を違うとらえ方をし始める。

決して死というものを後ろ向きにとらえず、いつかは訪れるもの。
でも一つ一つの命には価値があることを教えてくれる作品です。

監督■ガス・ヴァン・サント
製作■2011年/90分/アメリカ
出演■ヘンリー・ホッパー/ミア・ワシコウスカ/加瀬亮

死にたい

何度か思ったことがある、でも具体的な行動に出たことはない、そこまでの勇気はなかったと言うべきか、それともそれ程強い願望ではなかったのかもしれない。

若い頃の死にたいは、生きることが「辛い」の思い。

それはいじめであったり、家庭での親子関係が上手くいかなかったり、勉強が思うようにならなかったりだった気がする。
やはり大きいのはいじめの問題かな?
単純にいじめと言うと、友だちから仲間外れにされたり、嫌がらせされたり、暴力を振るわれたりだけど、もっと精神的な孤立感も有るのかなと。

映画 アニメ『聲の形』 The shape of voice

小学生の時、聾唖の少女が転校してきて思わずいじめてしまった。
友人の裏切りで、いじめの責任を一人に負わされてしまった主人公は、5年後、周囲から孤立して自殺を決意した主人公の少年は、かつていじめた少女に会いに行く。

いじめという問題に向かい合い、少しずつ家族や友人に触れながら一歩前進する少年の姿を感動的に描いた作品。

詳しくは「映画『聲の形』 ストレートに伝わらない心の声」をどうぞ

監督■山田尚子
アニメーション制作■京都アニメーション
原作■大今良時
脚本■吉田玲子
キャラクターデザイン■西屋太志
製作■2016/129分/日本
声の出演■入野自由/早見沙織/悠木碧

自分の場合はなかったけど、社会人の自殺は仕事に追い詰められてと言うケースが多いように思える。
最近はそうでもないけど、仕事量とその責任に押しつぶされて自殺するサラリーマンは何人かいた。

これはちょっと想像がつかないけど、借金苦からなのか・・・でも今の日本で死ぬほどお金に困ることはあるのかな?
自己破産と言う手段もあるし、逆に良心の呵責から自殺してしまうのかもと。
でも、お金に困るということは人を追い詰めていく・・・少しでも働く意欲があればよいけど。

やりきった

自分が生きる執着心が低いと先に書いた通り、私の場合は何か執着するものが必要だと思うようになってきた。
例えばそれは「夢」だったり。
仕事=夢である必要は全くないけど、自分が達成しようとする夢がないと「自分の今の人生に何の価値があるのだろう?」と疑問に思う。

私のように50歳を過ぎると思うことがある。
得るものより、失うものが多い

経験一つをとってもそう、ワクワク感がなくなるのは経験値が増えると、相対的に新しい経験が無くなるからワクワク感が無くなる。
当たり前だけど、「歳を取ると時間の過ぎるのが早く感じる」のは、新しい体験が減っているからだぞうだ。

人をとってもそう、自分の友人や下手したら後輩が、この歳になると亡くなり始める。
特に子供や青春時代の自分のアイドルが、この歳になってくると亡くなり始める。
80歳を超えて亡くなるなら、まだ早いとは思わないけど。
ホイットニー・ヒューストンもマイケル・ジャクソンもプリンスも今はいない

自殺か事故か、それとも殺人かは判らないけど。
一つ思うことは「やりきった感」というもの。

映画『素晴らしき哉、人生!』 IT'S A WONDERFUL LIFE

ツキに見放され、大金を失って自殺しようとした矢先、目の前で飛び込もうとする人を必死で助ける主人公。
その助けた相手は、自らを見習い天使だと言う、天使は「もしあなたが生まれていなかった世界」を見せるという。

彼は自分のいない世界を見て、自分がこの世の中に存在する意味を感じ取る
クリスマスに起きた一つの奇跡!

詳しくは「映画『素晴らしき哉、人生!』 クリスマス・イブの夜に奇跡的な感動に出会う」をどうぞ

監督■フランク・キャプラ
製作■1946/130分/アメリカ
出演■ジェームズ・スチュワート/ドナ・リード/ライオネル・バリモア

もう今更、宇宙飛行士にもなれないし、イチローのような野球選手にもなれない(なれる人もいるかも)。
50年も生きていると自分の限界が何となく判る(気がする)
そして、自分の人生の中で、仕事も頑張ったし、遊びや旅行もたくさんしたし、子育てもしたし、さて次に何をやろうかな?と。
段々と身体の言うことが効かなくなってきて、毎日徹夜して仕事を頑張ったり、朝早くから遊びに行って夜中に帰ってきたり、そんなことを続けることが難しいと思う自分がいる。

私の好きな吉田秋生さんの「海街Diary」の1シーンで印象深いのは、ある銀行マンの融資先のお客さまが事業に失敗して破産寸前になる、家族もいて事業の立て直しのために銀行に再建計画を出して、どうにか融資をしてもらってこれから!という時に、フラッと散歩に行くように出かけていき、そのまま電車に飛び込み自殺をするというシーン。

それまで会社を頑張って来たけど、それがマイナスになってやっと0に戻す目処が立った時、この先自分に待ってるものはなんだろう~と。
人生やりきってしまったのでは?

やりきってしまった先の人生は、死んでるのと一緒なのでは?むしろ生き地獄でしかないのでは?
そんなことを感じてしまうシーンであり、ふと自分でも思ってしまうことでもある。

映画『明日、君がいない』 2:37

オーストラリアの高校で午後2時37分に一人の生徒が自殺する。
6人の生徒のその日の朝からの生活が再現されていく、そしてそれぞれが抱える悩みが徐々に明らかにされていく。

明らかにされる現実も衝撃的ではあるが、自殺した生徒とその理由に驚かされる。
本当に自分は必要ないのか?

監督・脚本■ムラーリ・K・タルリ
製作■2006/99分/オーストラリア

夢を持ち続けるために

もちろん人生100年の時代に入りつつある、この記事を読んでいる人たちも100歳位までは生きる時代になる。

生きる勇気を与えてくれるのは、新しい経験をすることなのかもしれない。
死ぬまでやりたいことを持ち続けるしかないのかもしれない。

そのためには、夢を持ち続けて、それに一歩踏み出す「覚悟」を持つことが大切かも。
自分で夢に制限を付けているのかもしれない。

「空想教室」を書かれた植松努さんは「迷った時は大変そうな方、楽しそうな方を選べ」と書いています。

※ 詳しくは「About Site」を読んで頂けると嬉しいです

「夢って一体誰が決めるんだろう、やったことがない人が決めるのは変じゃないか?」とあります。
それは自分自身にも当てはまると思うんです、いつの間にか自分にはできないと。

夢を見ることの大切さ

いつも映画が夢を見ることの大切さや勇気を教えてくれました。
人は夢を見続けなくては・・・別にそれが達成できなくても。

子どもがいじめやいろいろなことで悩んでいる時は、ギュッと抱きしめてあげてください。
周りの大人がつらそうにしていたら、声をかけてあげてください、気づいてあげられるか?

人は人と人の結びつきを感じた時に初めて、生きていることを感じるのでは?

映画で知る大切なこと

日本では、子どもの貧困や虐待、そして高齢化社会と共に認知症という問題が表面化してきています。
どちらの問題も、子どもが少なくなり、子どもへの理解や愛情が少しずつ失われているからではないでしょうか?

子どもと大人の結びつきも大切です、子どもの救える命も必ずあるはず。

映画『きみはいい子』

わがままな児童や父兄に振り回される新米教師、自分の娘に手を上げてしまう母親、認知症に怯える独居老人、それぞれの悩みを抱える人たちの一筋の希望を描く。

人は抱きしめることで伝わることがある、人のぬくもりが人には大切ということ。

監督■呉美保
原作■中脇初枝
製作■2014/121分/日本
出演■高良健吾/尾野真千子/池脇千鶴/高橋和也/富田靖子

大人も大きな十字架を背負うことがあります。
植松努さんも言っています「逃げてください」と。

自殺を考えた人が立ち直ったり、希望に走り出すなんて夢物語でしょ?
今年(2017年)のアカデミー賞でケイシー・アフレックが主演男優賞を受賞、監督のケネス・ロナーガンが脚本賞を受賞した・・・

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 MANCHESTER BY THE SEA

兄が突然死んで、忘れたかった故郷に戻ってきた弟、兄が残した一人息子の後見人に指名される遺言が残される。
徐々に明かされる主人公が故郷を出ていった理由、そこには重い十字架=罪があった。

主人公の背負っているものが大きくて、辛くて悲しくて・・・でも、ほんの少しだけ前進します。
決して一歩まで踏み出す必要はない、少しだけ、ほんの少しだけ前に進めればと。

監督・脚本■ケネス・ロナーガン
製作■2016/137分/イギリス
出演■ケイシー・アフレック/ミシェル・ウィリアムズ/カイル・チャンドラー

2017年5月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

人との出会いは運命です。
嫌な人に会ったら逃げましょう~、とても嫌なことがあったら逃げましょう~
時には逃げるのもありです。

映画が好きなら上で紹介した映画を見てみるのも良いかも、旅に出かけるのも良いかも、そして好きなことをするのが良いと思います。

まじめな人・優しい人ほど、死んじゃうんです、もったいないから逃げましょう~
そんな時に近くにいてくれる人を大切にしましょう!

-全体, 名作, 映画に感動する!, 映画特集
-, , ,

Copyright© 映画に感動!Can do! , 2017 All Rights Reserved.