全体 映画に感動する! 映画特集

宇宙人だった?! スピルバーグ監督作品 ベスト10

更新日:

スピルバーグ映画は好きですか?

スピルバーグ

世界中で、日本でも、スピルバーグ監督の作品は大ヒットします!
でも意外とスピルバーグ監督作品を、観客に媚びた作品として「つまらない」と言う人もいるみたいです。
ちなみに・・・

私はスピルバーグ監督作品が大好きです!

十代にハリウッド映画にハマったのは、チャップリンと美男美女俳優と、ルーカス×スピルバーグでした。
『スター・ウォーズ』や『インディー・ジョーンズ』は青春の1ページです。

ルーカスが想像したスペース・ファンタジー『スター・ウォーズ』の特撮はそれまで無かったものでワクワクさせられた。
そして、スピルバーグの作品はワクワクだけでなく、泣いたり・笑ったり・感動できたりした!と言う意味で「映画の全てがあった」と言う思いです。

宇宙人?だったスピルバーグ

1946年12月18日にアメリカのオハイオ州シンシナティでウクライナ系ユダヤ人の家庭に生まれ、アリゾナ州に育ったそうです。

スピルバーグ自身が宇宙人と言う訳ではなく、宇宙人を描くことがアメリカ人としての使命だったと言えます。
『未知との遭遇』はアメリカ人の憧れなのです。
“?”と思ったでしょう~アメリカは200年ちょっとの歴史しかない国で、伝説や伝統がない国です。
ヨーロッパならギリシャ神話からアーサー伝説とか色んな伝説が有り、日本にも天照大神から綿々と伝説が数多く有ります。
そんなアメリカには、先住民族の伝説は有ってもヨーロッパから移住してきた人々には何の伝説も有りません、だからこそ、宇宙人に選ばれた民族としてのアメリカ人と言う物語が必要なのです!

だから宇宙人は必ずアメリカに舞い降ります、スーパーマンも落ちたところはアメリカです!(笑)
エリア51を聖地にする必要があり、世界中にエンターテイメントとして広めたのがスピルバーグその人でした。

高校くらいの頃には、早川書房から数々のSF小説が日本に紹介されました。
ロバート・A・ハインラインやフィリップ・K・ディック、アイザック・アシモフ(ソ連生まれのアメリカ育ち)、アーサー・C・クラーク(イギリス人)と言った作家たち。
それぞれが映画化された原作を数多く書いているSF界の重鎮たち。

文字の中の世界をスピルバーグが明確に、宇宙人・宇宙船の映像化を果たし、世界のスタンダードにしてしまった。
今、スピルバーグ監督作品について語ること、それは彼はSFだけではなく、パニック映画やヒーロー物、ヒューマンドラマからシリアスなものまで、自分の作りたい作品を自由に作っている、アメリカの現代の映画史そのものと言える。

スピルバーグ

みんなが選んだスピルバーグ・ベスト10

ローリングストーン誌が選んだベスト10はこちら~

10位 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』 237百万ドル:13位
9位 『1941』 109百万ドル:19位
8位 『ジュラシック・パーク』 796百万ドル:3位
7位 『プライベート・ライアン』 369百万ドル:9位
6位 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』 766百万ドル:4位
5位 『激突!』 
4位 『未知との遭遇』 481百万ドル:5位
3位 『E.T.』 1,228百万ドル:1位
2位 『シンドラーのリスト』 199百万ドル:15位
1位 『JAWS/ジョーズ』 1,109百万ドル:2位

※ 現在の価値に換算した場合 Boxofficeより、順位はスピルバーグ監督作品内

人気投票で、ダントツの1位が『JAWS/ジョーズ』だそうで、2位に倍の投票が有ったらしく、映画の専門家(評論家とか関係者)の間でも評価は高いので納得。

その他、米VULTUREが選んだ全作品のランキングでは、トップは『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』でした。

スピルバーグ&是枝裕和監督

私のスピルバーグ・ベスト10+2

もちろん、私の好みで選ぶとかなり違うベスト10になると思います。

それでは早速、下の順位から発表します!

第10位 『JAWS/ジョーズ』 (1975) JAWS

ジョーズ

海洋パニック映画の走り、ジョーズ自体もシリーズ化されたし、似たような作品も多数作られた。
その元となった作品で、演出方法も真似られ、また人間の都合で騒ぎが大きくなるなど、物語作りの定番に。
『ポセイドン・アドベンチャー』『タワーリング・インフェルノ』と続いたパニック物だが、前2作品は群像劇なのに大して、こちらはあくまでサメ対人間(3人)の対決。

音楽の使い方が見事で、あの音楽を聞くだけで再びサメが迫ってくる雰囲気を感じさせてくれる。
そして海中からのサメの視点を想起させる演出も含めて、作品の完成度の高さを感じさせる。

流石に今見るとVFXが今ほど発達してなかったため、ロボットのサメが陳腐(撮影では故障して大変だったらしい)であったりはするのは時代を感じさせる。

監督■スティーヴン・スピルバーグ
原作■ピーター・ベンチリー
撮影■ビル・バトラー
美術■ジョセフ・アルヴス・Jr
音楽■ジョン・ウィリアムズ
出演■ロイ・シャイダー/ロバート・ショウ/リチャード・ドレイファス
上映時間■124分
製作国■アメリカ

第9位 『マイノリティ・リポート』 (2002) MINORITY REPORT

マイノリティ・リポート

当時、タッチパネル風の映像が新鮮だった

「ブレードランナー」や「トータル・リコール」の原作者フィリップ・K・ディックの短編小説の映画化で、VFXはILMが担当、映像としても当時最先端、しかも主演に大スターのトム・クルーズを起用と話題作、その分、賛否が有った作品のような気がするけど。

近未来2054年(30年後に実現するのかな?)に犯罪防止のために予知能力を使って、事前に察知して犯罪者を捕まえると言うお話、最近、色んなところで聞くような物語だけど、それの基になったお話。
その予知で、捕まえる側の主人公が殺人を犯すと予知が出てしまい、自分の無実を証明する必要が・・・

ディックの世界観は意外?と哲学的で、未来と過去、そして現在とは?と言うテーマに基づく。
実際、現在しか存在せず、過去は変えられないし、未来は現在の積み上げ(どこに向かうか判らない延長にある)でしかない、と考えれば深くハマるところだけど、スピルバーグ監督は明快に見せる・楽しませる、と言うことに徹しているところが判りやすくてバランスが良い。

個人的にはリドリー・スコット監督の『ブレードランナー』に並ぶ傑作だと思っている。

監督■スティーヴン・スピルバーグ
原作■フィリップ・K・ディック
撮影■ヤヌス・カミンスキー
SFX■ILM
音楽■ジョン・ウィリアムズ
出演■トム・クルーズ/コリン・ファレル/サマンサ・モートン/マックス・フォン・シドー
上映時間■145分
製作国■アメリカ

第8位 『ジュラシック・パーク』 (1993) JURASSIC PARK

ジュラシック・パーク

作品の完成度は抜きにして、マイケル・クライトンの原作、動く恐竜を見事に映像化できた!と言う感動が大きい。
実物大のスケール・モデルやギミック、そしてCGを駆使したVFXで、恐竜を再現して動かしてしまった。

近未来?に、太古の琥珀から恐竜のDNAを復活させて恐竜の動物園を作ろうというもの。
オープン直前に次々とトラブルに見舞われて、恐竜たちは人間に牙をむく。

恐竜が画面いっぱいに動きまわると言うだけで感動的で、映画が「大画面で見せる」ことの大切さを感じさせてくれた。
シリーズ化されて、最新作では「恐竜も慣れてしまえば動物園の動物と一緒」と言うのは、人の欲望の深さを表していて面白い。

監督■スティーヴン・スピルバーグ
原作■マイケル・クライトン
撮影■ディーン・カンディ
特撮■ILM
音楽■ジョン・ウィリアムズ
出演■リチャード・アッテンボロー/サム・ニール/ローラ・ダーン/ジェフ・ゴールドブラム
上映時間■127分
製作国■アメリカ

第7位 『激突!』 (1971) DUEL

激突!

その後、天才とかレジェンドとか言われる人々のデビューは鮮烈である、スピルバーグ監督のデビュー作にして、既に傑作である。
元々はTV用に作られたものと言うのも驚きだけど。

平凡なサラリーマンがハイウェイで何気に追い越しをしたタンクローリー車に執拗なまでに追い回される目に遭う、もちろん理由も判らなければ、タンクローリー車の運転手も出てこない。
ひたすら意味もなく追われる恐怖がそこにあった。

後の『JAWS/ジョーズ』や『ジュラシック・パーク』のベースがここにあり、あくまでタンクローリー車を怪物として、追う者、追われる者という構図の恐怖を見事に描いている
単純な構図だからこそ、スピルバーグ監督の演出術が光った作品。

監督■スティーヴン・スピルバーグ
原作・脚本■リチャード・マシスン
音楽■ビリー・ゴールデンバーグ
出演■デニス・ウィーヴァー/キャリー・ロフティン
上映時間■89分
製作国■アメリカ

第6位 『未知との遭遇』 (1977) CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND

未知との遭遇

この作品こそが、スピルバーグの伝説の始まり(笑)
最初にも書いたけど、この作品で宇宙人・宇宙船のイメージを決定づけた!と言ってもよい。
未確認飛行物体やら第三種接近遭遇やら、まぁ~言葉まで定着させられて、宇宙人が地球に来る時は、まず最初にアメリカに来る!!と言う定説まで作ってしまった訳(爆)

UFOを目撃した主人公が、ある場所に導かれて宇宙人と出会うまで描いた物語。

なんと言ってもシャンデリアのような宇宙船とか、コンタクトに音や光を使うなど信号と言うものを使ったり、その多様な発想力が素晴らしかった。
『2001年宇宙の旅』のスタンリー・キューブリック監督が哲学的に視覚化(モノリスやラストの光の洪水)していくのに対して、スピルバーグ監督は感覚的に判りやすい表現をする。
そしてジョン・ウィリアムズの音楽も印象的、映像と見事にマッチしていた。

監督・脚本■スティーヴン・スピルバーグ
撮影■ヴィルモス・ジグモンド/ラズロ・コヴァックス
特撮■ダグラス・トランブル/リチャード・ユリシック
音楽■ジョン・ウィリアムズ
出演■リチャード・ドレイファス/フランソワ・トリュフォー/テリー・ガー
上映時間■135分
製作国■アメリカ

番外 『E.T.』 (1982) E.T. THE EXTRA-TERRESTRIAL

E.T.

スピルバーグ監督作品ではNo.1ヒットを出した作品で、確か日本でもキネマ旬報社の外国映画1位もとった作品。

地球に探査にやってきた宇宙人が独り取り残され、少年たちに見つかることから生まれる、宇宙人と人間の交流を描く。

最もスピルバーグ監督のヒューマンなところが出た作品、そして演出もツボを得ている、自転車が空を飛ぶシーンは既に映画史上でも有名なシーン。
個人的には、公開当時、高校生と言うこともあり、大人への憧れもあってこの作品より同年公開の『炎のランナー』の好きだった。
と言うことで、個人的に番外になった(汗)

監督■スティーヴン・スピルバーグ
製作■スティーヴン・スピルバーグ/キャスリーン・ケネディ
脚本■メリッサ・マシスン
撮影■アレン・ダヴィオー
特撮■ILM
音楽■ジョン・ウィリアムズ
出演■ディー・ウォーレス/ヘンリー・トーマス/ロバート・マクノートン/ドリュー・バリモア
上映時間■115分
製作国■アメリカ

第5位 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』 (1981) RAIDERS OF THE LOST ARK

レイダース/失われたアーク

高校時代に友だちとみんなで映画館に行った記憶があり、当時は友だちワイワイしながら映画見ることが楽しい時代だった、それこそ『ニュー・シネマ・パラダイス』のワン・シーンにあったような光景を思い出す。
今みたいにシネコンはなかったし、全席指定・入替え制でもなかった時代

第二次世界大戦、驚異的な力を秘めると言う十戒の破片を納めた聖櫃を巡って、ナチスと奪い合うアメリカの考古学者インディアナ・ジョーンズの活躍を描いた冒険活劇。

なんと言っても、主人公を演じたハリソン・フォードがかっこ良く、『スター・ウォーズ』のハン・ソロ役と並んで、彼のヒーロー像を確立した。
そして『スターウォーズ』のルーカス監督が手を組んで作っただけに、アクション・追いかけ・お笑いと言った映画の面白い要素を詰め込んだ作品になっている。
この作品も大ヒットをしてシリーズ化されている、その第一作目。

監督■スティーヴン・スピルバーグ
製作総指揮■ジョージ・ルーカス/ハワード・カザンジャン
原案■ジョージ・ルーカス/フィリップ・カウフマン
脚本■ローレンス・カスダン
撮影■ダグラス・スローカム
特撮■リチャード・エドランド/キット・ウェスト/ILM
音楽■ジョン・ウィリアムズ
出演■ハリソン・フォード/カレン・アレン
上映時間■115分
製作国■アメリカ

第4位 『シンドラーのリスト』 (1993) SCHINDLER'S LIST

シンドラーのリスト

それまでのスピルバーグ監督の作風とはガラッと変わって、正面から第二次世界大戦を描いた作品。
それまでファンタジー系、アクション系、そしてヒューマン系の作品を輩出してきましたが、シリアスなドラマを前面に出してきたのは、自らの出自ユダヤ系と言うことが大きいと思う。

ナチスによるユダヤ人大虐殺を目の前にしたドイツ人実業家オスカー・シンドラーは、自分の工場の労働力としてユダヤ人を雇用して少しでもその生命を救おうとする、そして最後は彼らをドイツから逃がす覚悟を決める。

トーマス・キニーリーの実在の人物をモデルにした原作を長年温めてきたスピルバーグ監督が遂に映画化した作品、同時期に『ジュラシック・パーク』を撮ってるがスピルバーグ監督らしい。

圧倒的なドラマ、戦争の残虐性とそれに対する人間性、ヒューマン・ドラマの枠に留まらずにシリアスな人間性を描き出している。
この重たいテーマの作品も飽きさせないスピルバーグ監督の演出力には脱帽。
人間の尊厳を真正面から描き、念願のアカデミー賞作品賞・監督賞を受賞した。

監督■スティーヴン・スピルバーグ
原作■トーマス・キニーリー
脚本■スティーヴン・ザイリアン
撮影■ヤヌス・カミンスキー
美術■アラン・スタルスキ
音楽■ジョン・ウィリアムズ
出演■リーアム・ニーソン/ベン・キングズレー/レイフ・ファインズ
上映時間■195分
製作国■アメリカ

第3位 『プライベート・ライアン』 (1998) SAVING PRIVATE RYAN

プライベート・ライアン

戦闘シーンがリアルなことで当時話題になった作品。
それまで史実に基づいた『史上最大の作戦』や『遠すぎた橋』など、一方でスポーツのような戦争娯楽作(『ナバロンの要塞』や『大脱走』)もある中で、かつてのTVドラマ・シリーズ「コンバット」のような人間ドラマとしての戦争映画を当時のVFXを駆使して徹底的にリアルに描いた作品。

第二次世界大戦のターニングポイントとなったノルマンディー上陸作戦で行方不明になったライアン二等兵を救うために、一つの小隊(7名)が最前線へと駆り出されていく、そこには過酷な戦場が待っていた。

『シンドラーのリスト』のような戦争を背景に人間の尊厳を描いた作品とは違い、戦争の中の戦闘、個々の戦い・殺戮を真正面から描いている。
常に戦場では死と隣り合わせであること、逆に生き残ることの重みを感じさせる作品。
殺伐な戦闘シーンの多い作品(映画館では気分の悪くなる女性もいたとか)の中でも、スピルバーグ監督らしいヒューマンなドラマも展開される。

監督■スティーヴン・スピルバーグ
脚本■ロバート・ロダット/フランク・ダラボン(ノンクレジット)
撮影■ヤヌス・カミンスキー
特撮■ILM
音楽■ジョン・ウィリアムズ
出演■トム・ハンクス/トム・サイズモア/マット・デイモン
上映時間■170分
製作国■アメリカ

番外 『バンド・オブ・ブラザース』 (2001) BAND OF BROTHERS

バンド・オブ・ブラザース

スピルバーグ監督とトム・ハンクスが『プライベート・ライアン』の続いて製作した作品。
何故番外?スピルバーグは監督はしておらず、トム・ハンクスと共に製作総指揮、そして『プライベート・ライアン』の何倍もの製作費を使って作られたTVシリーズであること。
第二次世界大戦の空挺部隊の隊員のノンフィクションをベースにドラマ化。

ヨーロッパを転戦する米陸軍101空挺師団・第506パラシュート歩兵連隊E中隊、彼らは第二次世界大戦の途中からアメリカ本土で訓練をして初陣がノルマンディー上陸作戦だった。
そして、ヨーロッパ戦線を転戦していき、終戦を迎えるまでの活躍を描く。

戦闘シーンは『プライベート・ライアン』同様、いやそれ以上にリアル、そしてかつてのTVシリーズ「コンバット」を濃密にしたような内容、個人的には『プライベート・ライアン』以上に好きな作品。
前半の戦闘シーンのリアリティと共に、後半のユダヤ人収容所のシーンが印象的。
終戦を迎えるところもまた、戦争とは何か?考えさせられる

当時、無名な俳優たちを揃えリアリズムに重点を置いた、そしてなんと言ってもマイケル・ケイメンの印象的なスコアが耳に残る。

製作総指揮■スティーヴン・スピルバーグ/トム・ハンクス
原作■スティーヴン・E・アンブローズ
撮影■レミ・アデファラシン/ジョエル・ランサム
音楽■マイケル・ケイメン
出演■ダミアン・ルイス/ロン・リヴィングストン/ドニー・ウォールバーグ

オフィシャルサイトはこちら


第2位 『A.I.』 (2001) ARTIFICIAL INTELLIGENCE:AI

A.I.

トップ2は、おそらく人気はそれほど無く、興行収入的にも下位の作品かもしれないが、個人的にはとっても好きな作品。

近未来(と言ってもかなり先の未来だと思うけど)に人々の周りには普通に人型ロボットがあふれていた。
ただ、ロボットたちには感情が欠けていたが、ある日、不治の病を患った少年の代わりのロボットに実験的に“愛”と言う感情をブログラムする試みがされた。
少年は両親の愛情を受けて幸せな生活を送るが、自分のアイデンティティに疑問を感じ始める。
そして永遠の命を持つ少年は次第に未来に不安を抱くようになる・・・

元々、スタンリー・キューブリック監督が長年温めてきた企画をスピルバーグ監督が映画化した、と言うことで話題になった作品。
『2001年宇宙の旅』の監督と『未知との遭遇』の監督とのコラボ、話題になると同時に、正反対な作風の二人の作品に対して、不安を抱くファンも多かった。
個人的には、大成功だったと思うが、キューブリック監督のファンからは「あまりにもヒューマン的」と非難され、スピルバーグ監督のファンからは「話が暗くて長い」と不評を買った。

ストーリーはSF版「ピノキオ」です、人間になりたいロボットのロード・ムービーで“人間にとって一番大切なもの”は何かを探して回ります、それが見つかった時の感動は涙なくして見れませんでした。
でもしっかりSFとしてディックやアシモフの定石は取り入れています。
また、詳しくは後日改めて・・・主演の男の子を演じたハーレイ・ジョエル・オスメント君の演技が素晴らしい!

監督■スティーヴン・スピルバーグ
原案■スタンリー・キューブリック
撮影■ヤヌス・カミンスキー
音楽■ジョン・ウィリアムズ
出演■ハーレイ・ジョエル・オスメント/フランシス・オコナー/ジュード・ロウ
上映時間■146分
製作国■アメリカ

第1位 『リンカーン』 (2012) LINCOLN

リンカーン

スピルバーグ監督作品で最も好きな作品はやはりこの作品でした。
「アメリカ史上最も愛された大統領」エイブラハム・リンカーンの偉大な足跡を映画化した作品、とは言っても「人民の人民による人民のための政治」と言うセリフは出てこないけど。

南北戦争末期、北軍有利の戦争が終結する前に、奴隷制度の撤廃を定めた合衆国憲法修正第13条の成立を目指すリンカーンの努力と苦悩を描く。

作品は地味と言われ、また国会に口出し出来ない三権分立の行政府の長としての大統領の立場が理解されず・・・日本で評価されたのはアカデミー賞男優賞をとったダニエル・デイ=ルイスの演技のみ、と言った感じ。
私には、民主主義の根幹を見ることができ、リーダーの苦悩を描いたこの作品に「リーダーシップとは?」を見ることができた

詳しくは、映画『リンカーン』 リーダーの孤独と資質を描いたスピルバーグの最高傑作!をどうぞ。

監督■スティーヴン・スピルバーグ
原作■ドリス・カーンズ・グッドウィン 『リンカーン』(中央公論新社刊)
脚本■トニー・クシュナー
撮影■ヤヌス・カミンスキー
衣装デザイン■ジョアンナ・ジョンストン
音楽■ジョン・ウィリアムズ
出演■ダニエル・デイ=ルイス/サリー・フィールド/ジョセフ・ゴードン=レヴィット/トミー・リー・ジョーンズ
上映時間■150分
製作国■アメリカ

そして、スピルバーグ監督の最新作が公開!

スピルバーグ監督がディズニーと組んで久々のファンタジー映画を製作。

BFG

『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』は2016年9月17日(土)より全国にて公開。

-全体, 映画に感動する!, 映画特集
-, , , , , ,

Copyright© 映画に感動!Can do! , 2017 All Rights Reserved.