全体 名作 旧レビュー 映画に感動する! 映画タイトルか行

映画『ゴッドファーザー』 マフィアを描いた伝説の名作にしてアメリカ映画の最高峰

投稿日:

映画『ゴッドファーザー』 THE GODFATHER

ゴッドファーザー 三部作

映画『ゴッドファーザー』(1972年)

ゴッドファーザー

コッポラ監督の生涯の傑作であり、映画史上に残る作品、この後、PARTⅡ、PARTⅢとシリーズ化される。
ここで、コッポラ監督の作品に対するテーマは二つ有ると思われる。
一つは、アメリカ資本主義に対する批判、二つ目はイタリア系アメリカ人に対する差別。
マフィアと警察、政治家、芸能人との関わりを、アメリカ資本主義の一つの側面と捉え、権力・金のためには手段を選ばず、プライドも無い人々が描かれる。
またアメリカの差別社会、アメリカ社会の頂点に立つイングランド系アメリカ人、その下にアイルランド系やイタリア系、そしてユダヤ系、はるか下の方にアジア系、そして黒人がいる。
白人社会においては、イタリア系は下の存在に見られる。
アメリカ資本主義に勝ち残るためには、暴力で力を得ることが必要な事を描いている。
イタリア系アメリカ人の団結心や故郷シチリアでの家族の絆を描くことによって、一般的アメリカ人に支配されるアメリカ資本主義と比較している。
お祖父さんから孫まで、一緒に食事を取るシーンなどの大家族主義、絢爛豪華なパーティー・シーン、また衝撃的な殺人シーンなど、本来のテーマよりイタリア・マフィア一家の一大叙事詩的な部分が強まっている。
そう言った楽しみ方も十分に出来るが...

マフィア映画としての醍醐味は、その壮絶なシーンの重量感、またそれぞれのシーンの構成の素晴らしさは、見応えか十分。
冒頭の“ドン”の存在感の演出はもちろん、病院での緊張感溢れる画面構成。
ラスト近くの洗礼と暗殺シーンが交互にカットバックする見事な演出。

3時間近くに及ぶ大作でありながら、シーン一つ一つが印象的で、しかも冗長さも感じられない。
演出、編集の良さ、脚本の面白さ、どれも秀逸、ニーノ・ロータの音楽は映画史上に残る印象的なもの。

この後、SFXの発達により、殺人シーン等のリアリティーさで、この作品を上回る作品は有るものの、見せ方の巧さで、この作品を上回る作品は無い。
続編の『ゴッドファーザーPARTⅡ』も、この作品に負けず素晴らしい出来の作品。
このシリーズは『ゴッドファーザーPARTⅢ』で完結する。

Reviewed in 03.1999

映画『ゴッドファーザーPARTⅡ』(1974年)

なんと前作『ゴッドファーザー』に続いて、アカデミー賞作品賞を授賞するという快挙を成し遂げた作品。
大きなテーマは、前作と同様にアメリカ資本主義の中のイタリア系アメリカ人を描くこと。

ビトー・コルレオーネのイタリアでの幼少の頃から、アメリカに渡り“ドン”に成り上がるまでの話と、父親からその地位を受け継いだマイケル・コールレオーネの苦悩を同時に描く。

映画的な楽しみは、第一作を遙かに凌ぐ演出の上手さ。
2つの時代の出来事を上手く、交互に見せてくる、しかもそれが二人の主人公、若きビトーとマイケルの成長という点で一致している。
脚本・編集の巧さは、この作品の醍醐味と言える。
これによって、話に躍動感が生まれて、より一大叙事詩的な面白みが出ている。
物語が面白く描かれれば描かれる程、本来のテーマから離れ、壮大な人間ドラマになってしまっている点は否めないが、それでも十分(以上)に楽しめる作品。

前作同様に俳優陣の充実ぶりは素晴らしい。
アル・パチーノ、ロバート・デュバル、ダイアン・キートン・・・数え切れない程のスターが出演(と言うか、この作品以後に超一流になっている)している。
しかも全員が素晴らしい演技を披露。
個々のキャラクターが、その存在感をきっちりと出している。
極めつけは、若き日のビトー・コルレオーネを演じたロバート・デニーロの圧倒的な存在感。
また1977年に『ゴッドファーザー・サガ』や、1981年の『ゴッドファーザー 1901-1959/特別完全版』で、PARTⅠとPARTⅡを時代順に並べ替え、監督自らが、再編集したものが出ている。
こちらの作品も、一つの作品として非常に楽しめる。
話自体の構成が変わってくるので、違う作品として見ることも出来る。
機会が有れば、こちらも是非観て欲しい逸品。

Reviewed in 03.1999

映画『ゴッドファーザーPARTⅢ』(1990年)

ゴッドファーザーPARTⅢ

1974年に公開された『ゴッドファーザーPARTⅡ』から実に16年ぶりに作られた、シリーズ完結編。
遂にと言う感が強かった作品。

決してストーリーとしてもつまらない作品ではない。
マフィア映画の王道を行く作品として現代化され、銃撃シーンもリアリティーも有り迫力も増している。
ヘリコプターからの銃撃シーンは圧巻。
また新しく入った俳優陣、アンディ・ガルシアも、第一作のジェームズ・カーンのやった役の血の気の多い、コルレオーネ家の長男の息子役を好演している。

ただ残念なのが、時代は’90年代に入り、当初、このシリーズが持っていた、イタリア系アメリカ人と言う位置付けが薄らいでいること。
この作品でも語られているが、この頃になるとイタリア系もビジネス界で認知され、既に社会の一部に組み込まれた存在になっている事。
従って差別される位置づけではないことや、結局、このシリーズを上手く終結させるためのストーリーになってしまっている事。

コッポラの演出・編集等には、いささかの衰えは感じないものの、時代の移り変わりが、テーマの存在感を奪い取ってしまったのが、この作品には不幸だったと言える。

また美男子のアンディ・ガルシアとの連相手は、当初、ヴィノナ・ライダーが出る予定だったが体調を崩して出れず、コッポラの娘が出演。
残念ながら、その容姿と演技力には疑問点が付いた。
ヴィノナ・ライダーのような華のある女優が出ることによって、また違った演出も有ったかもしれないが...。

『ゴッドファーザー』、『ゴッドファーザーPARTⅡ』の続編という宿命と、時代の移り変わりと言うものに翻弄された作品では有るが、十分に作品としては楽しめる一本になっている。

Reviewed in 03.1999

『ゴッドファーザー』シリーズについて

何度も見ている作品ではあるが、改めて見ても完成度の高さに感心させられる。
アメリカの中でも特殊なイタリア系のシチリアの家族を描き、家族としての連帯感や絆の強さを描きながらも、権力のためなら身内も殺し粛清するマフィアの恐ろしさを描く。

3部作を通しても、物語の壮大さや構成の細やかさなども感心させられるが、監督のコッポラの演出も素晴らしい。
第1作目のラストシーンでも、マイケルがドンになったことを、ドアを1枚を閉めることで表現するなど、映像表現も秀逸。
シリーズ各作品を通して、冒頭に盛大なパーティーシーンから始まり、家族の絆の強さを表現するなど、映像に繰り返しによる印象付けもある。

この作品によって、その後のマフィア映画も大きな影響を受ける。
イタリア系マフィアも含め、アイルランド系やチャイニーズ系のマフィアの映画も全てに影響を与えている。
PARTⅡとPARTⅢの間には16年もの歳月が経っており、アル・パチーノも若手からベテラン俳優となっていた。
でも、そのPARTⅢからも実に四半世紀以上が経過している。
それでも、この三部作が色褪せることなく、アメリカ映画史上でも最高峰の作品群であることは間違いない。

第1作目では、名優マーロン・ブランドがドン・ヴィトー役を、その脇をアル・パチーノやジェームズ・カーンが固めたか形。
マーロン・ブランドはまだ48歳の時の作品だが、その貫禄で作品の中で圧倒的な存在感である。
アル・パチーノのは無名の俳優から、この作品に抜擢されてその後、大スターへの階段を登り始める。

PARTⅡではアル・パチーノがドン・マイケルとして主演を張るが、それを喰うような形で、若き日のドン・ヴィトー役をロバート・デ・ニーロが演じている。
ロバート・デ・ニーロは、アル・パチーノより若干歳下ではあるが、この作品の前年の『ミーン・ストリート』で注目を集め、1976年には『タクシー・ドライバー』、1976年には『1900年』、1978年の『ディア・ハンター』などの名監督たちの大作への出演が相次ぎ、今作品(1974年)のアカデミー賞助演男優賞に続き、1980年には『レイジング・ブル』でアカデミー賞主演男優賞を受賞している。
アル・パチーノが1992年の『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』まで待たされるのとは対照的である。

PARTⅢは完全にアル・パチーノの独り舞台といって良いくらい、彼の絶頂期の作品でもある。
そこに若手のアンディ・ガルシアやソフィア・コッポラ(今や監督としてのキャリアの方が評価が高い)が絡んでくるが、やはり圧倒的にアル・パチーノの映画となっている。

映画『ゴッドファーザー』のデータ

THE GODFATHER 175分 1972年 アメリカ
監督■フランシス・フォード・コッポラ
製作■アルバート・S・ラディ/ロバート・エヴァンス
原作■マリオ・プーゾ
脚本■フランシス・フォード・コッポラ/マリオ・プーゾ
撮影■ゴードン・ウィリス
音楽■ニーノ・ロータ
出演■マーロン・ブランド/アル・パチーノ/ジェームズ・カーン/ジョン・カザール/ダイアン・キートン/ロバート・デュヴァル/リチャード・カステラーノ/タリア・シャイア/スターリング・ヘイドン/ジョン・マーレイ/リチャード・コンテ/アル・レッティエリ

1972年アカデミー賞
作品賞授賞
主演男優賞授賞 マーロン・ブランドン ※授賞拒否
助演男優賞ノミネート アル・パチーノ/ジェームズ・カーン/ロバート・デュヴァル
監督賞ノミネート フランシス・フォード・コッポラ
脚色賞授賞 フランシス・フォード・コッポラ/マリオ・プーゾ

1972年ゴールデン・グローブ賞
作品賞(ドラマ)授賞
男優賞(ドラマ)授賞 マーロン・ブランド
監督賞授賞 フランシス・フォード・コッポラ
脚本賞授賞 フランシス・フォード・コッポラ/マリオ・プーゾ
音楽賞授賞 ニーノ・ロータ

 言わずと知れたコッポラの代表作であると同時に、70年代屈指の娯楽映画の傑作。夏の陽射しが眩しいコルレオーネの屋敷。
 そこで行われている彼の娘コニーの結婚式からこの物語の幕は上がる。
 華やかな音楽も届かない書斎では、ブラインドが降ろされ、その中でドン・ビトー・コルレオーネが友人たちの頼みごとを聞いていた。
 彼は相手が貧しく微力であっても助けを求めてくれば、親身になってどんな問題でも解決してやっていた。
 彼への報酬と言えば、ささやかな友情の証と、“ドン”あるいは“ゴッドファーザー”という尊称だけ。
 そしていつなりとも彼の呼び出しに応じ、恩を返せばよかった。
 これが彼らの世界であり、その掟であった。そんなある日、麻薬を商売にしている危険な男ソロッツォが仕事の話を持ちかけてきた。
 政界や警察に顔のきくコルレオーネのコネを必要とした判断からだった。
 しかしドンはその話を丁重に断る。
 彼はドンさえ殺せばこの取り引きは成功すると鋭く見てとり、その日以来機会を狙っていた。
 そして早い冬の夕暮れ、一族の経営しているオリーブ・オイル社から出てきたドンは、街頭でソロッツォの手下に襲われた。
 銃弾を何発もうけたが、強靱な彼は一命をとりとめる。
 これは、ドンが築いてきた強大なコルレオーネ帝国とその支配力に対する初めての挑戦だった。
 ソロッツォの背後にはタッタリア・ファミリーがあり、すでにニューヨークの他のファミリーも動きだした。
 こうして1947年の戦いは始まってゆく・・・。

 冒頭の圧倒的な実在感で繰り広げられる結婚式のシーン、映画のプロデューサーを脅す為に彼の愛馬の首がベットから現れるショッキングなシーン、ビトーが果物屋の店先で撃たれるシーン、マイケルが深夜に重体の父が入院中の病院を見舞って警察とグルになった対抗組織の襲撃計画を間一髪でかわすスリリング、マイケルがレストランで対抗組織のボスとそれと結ぶ警部を射殺するまでのくだり、ソニーが有料道路の料金所で蜂の巣になる壮絶なシーン、ラスト近くの洗礼と殺戮の見事なカットバック、緻密な人間描写、そして重厚な人間関係・・・等々この映画の魅力は語っても語り尽くせない。
 この映画が製作されたのは70年代だが、PARTⅡと併せ、今に至ってもこれを越えるギャング映画はまだない。

映画『ゴッドファーザーPARTⅡ』のデータ

THE GODFATHER PART II 200分 1974年 アメリカ
監督■フランシス・フォード・コッポラ
製作■フランシス・フォード・コッポラ/グレイ・フレデリクソン/フレッド・ルース
原作■マリオ・プーゾ
脚本■フランシス・フォード・コッポラ/マリオ・プーゾ
撮影■ゴードン・ウィリス
音楽■カーマイン・コッポラ/ニーノ・ロータ
出演■アル・パチーノ/ロバート・デュヴァル/ダイアン・キートン/ロバート・デ・ニーロ/ジョン・カザール/タリア・シャイア/リー・ストラスバーグ/マイケル・V・ガッツォ/マリアンナ・ヒル/ハリー・ディーン・スタントン/ダニー・アイエロ/ジェームズ・カーン

1974年アカデミー賞
作品賞授賞
主演男優賞ノミネート アル・パチーノ
助演男優賞授賞 ロバート・デ・ニーロ
助演男優賞ノミネート マイケル・V・ガッツォ/リー・ストラスバーグ
助演女優賞ノミネート タリア・シャイア
監督賞授賞 フランシス・フォード・コッポラ
脚色賞授賞 フランシス・フォード・コッポラ/マリオ・プーゾ
作曲賞授賞 カーマイン・コッポラ/ニーノ・ロータ

 亡き父のあとを継ぎドンとなったマイケルの苦悩と復讐を、父ビトーの少年時代からやがて一大ファミリーを築くまでのエピソードを交えて描いた、傑作『ゴッドファーザー』の第2作。
 前作から5年後。ドン・マイケル・コルレオーネは、根拠地をニューヨークから西部のネバダ州タホー畔に移していた。
 近くに一家の収入源であるラスベガスを控えていた為である。
 ドンの椅子に座るマイケルの頭の中には、やがて父ビトーの事が巡ってくる--

 若き日のビトーの物語は、マフィアの親分ドン・チッチオに殺されたビトーの父の葬列の場面から始まる。
 悲しみに暮れる葬列の中、突然一発の銃声が轟いた。
 シチリア人の掟に従って復讐を誓い、山に隠れて機会をうかがっていたビトーの兄が逆にチッチオの手下に撃たれたのだ。
 そして母もまた、チッチオのもとに幼いビトーの命乞いに行き、殺されてしまう。
 天涯孤独となったビトーは、チッチオの手下に命を狙われる中、命からがらにアメリカに逃げ延びた。
 リトル・イタリアで成長した青年ビトーは、若き日のクレメンツァ、テッシオ、ジェンコらと知り合う。
 パン屋、八百屋、服屋など様々な職業をやりながら、イタリア移民の人々の信望を集めていき、次第に頭角をあらわすビトー。
 そんな中、彼の前にリトル・イタリアの街を牛耳っている悪玉ファヌッチが立ちはだかった。
 彼の横暴を見かねていたビトーは、考えた末、街がキリスト教の祭りで賑わう中ついにファヌッチを拳銃で仕とめる。
 そしてこの銃声が、やがて築かれるドン・コルレオーネ・ファミリーの始まりであった・・・。

 映画は、幼いビトーが青年となり、やがてファミリーを築くまでの物語と、父のあとを継ぎドンとなったマイケルの、父がそうであった頃と全く変わってしまった時代の中でのドンとしての苦悩と復讐の物語が、実に巧みに交差しながら展開してゆく。
 よく練り上げられた脚本、複雑な人間関係を重厚に描いた巧みさ、ゴードン・ウィリスの画調の美しさ、若きビトー役のロバート・デ・ニーロの卓越した演技、ニーノ・ロータの素晴らしい音楽と、本作も前作同様、映画全編全てが魅力の傑作である。
 いわゆる一般的に認識されている続編とは違って、前作と本作とを合わせると1つの壮大なオペラと化すような様相で、その事はこの後コッポラ監督が自ら再編集した、「ゴッドファーザー・サガ」や「ゴッドファーザー 1901-1959/特別完全版」を見れば分かる。このシリーズはその両作品共にアカデミー賞を受賞しているが、シリーズが2作品共受賞するというこの記録は未だに破られてはいない。

映画『ゴッドファーザーPARTⅢ』のデータ

THE GODFATHER PART III 162分 1990年 アメリカ
監督■フランシス・フォード・コッポラ
製作■フランシス・フォード・コッポラ
製作総指揮■フレッド・フックス/ニコラス・ゲイジ
脚本■フランシス・フォード・コッポラ/マリオ・プーゾ
撮影■ゴードン・ウィリス
作詞■ジョン・ベティス
音楽■カーマイン・コッポラ
出演■アル・パチーノ/ダイアン・キートン/アンディ・ガルシア/タリア・シャイア/ソフィア・コッポラ/フランク・ダンブロシオ/イーライ・ウォラック/ジョージ・ハミルトン/ブリジット・フォンダ/ジョー・マンテーニャ

 コルレオーネ・ファミリーを描いた壮大なドラマの最終章。

 ファミリーのドンとなったマイケル(A・パチーノ)は、バチカンの加護を得て一切の犯罪から手を引くことを宣言した。
 だが後継者に甥のビンセント(A・ガルシア)を立てた事から内部抗争に火がついてしまう。
 自身も病に蝕まれるマイケルは何とか事態の収拾を図ろうとするのだが・・・。

 名作・傑作の誉れ高い前2作の後という、想像しがたいプレッシャーを考えるなら、これはこれで<サーガ>の締めくくりには相応しい完成度と言ってもよいだろう。
 オペラ劇場で迎えるクライマックスと、その後に続く幕切れも充分な感動を与えてくれる。
 過去の因縁によって再び暴力の世界に引き戻されるマイケルを、老け役で熱演するパチーノや、血気盛んなガルシアなどキャスト陣の頑張りも悪くない。
 当初ウィノナ・ライダーが演じる予定だったマイケルの娘役にはコッポラの娘ソフィアが扮し、一部の映画ファンや評論家からブーイングが起こったが、イタリア娘の情熱と存在感はよく出ていた。

-全体, 名作, 旧レビュー, 映画に感動する!, 映画タイトルか行
-, , , ,

Copyright© 映画に感動!Can do! , 2017 All Rights Reserved.